喘息の症状

喘息の主な症状

喘息の主な症状として、咳・たん、喘鳴(息をする時にゼーゼー・ヒューヒューと音がする )、呼吸困難(息苦しさ)などが現れます。これらの症状は夜間睡眠中に現れることが多く、咳で眠りが障害されることもあります。発作の程度がひどくなると苦しくて横になれなかったり動作がかなり困難になります。
医師に相談して発作への対応方法を明確にしておきましょう。

危険な喘息発作の症状

重度の喘息発作が起こると、呼吸困難の程度が強いため、話すことや歩くことなどが難しくなります。また、酸素の欠乏により、血液の色が黒っぽくなり、爪や唇の色が青紫に変色することもあります。このような症状がひとつでも現れた場合には、発作治療薬を使用するとともに、すぐに医療機関を受診してください。

喘息発作の起こりやすい時間帯

喘息発作は、夜から早朝にかけて起こりやすくなると言われています。寝ている間は昼間より呼吸する量が少なくてもいいので自然と気道が狭くなります。
そこに朝方の冷たくなった空気を吸い込むと、気道はいっそう狭くなります。室温を一定に保ったり、マスクで保温と加湿を心がけるなどして、発作の予防に役立ててください。

● まずは、気になる症状をチェックして、今の状態を確認してみましょう。

● 喘息と併せて、鼻炎についてもチェックしてみましょう。

喘息コントロールチェック

監修: 広島アレルギー呼吸器クリニック
保澤 総一郎 先生
子どものぜんそくはこちら

PC版はこちら