喘息の原因

喘息の発症部位

喘息は、ゴホゴホと咳き込むため、のどの病気と思われがちですが、肺までを含めた「気道(特に気管支)」が慢性的なアレルギー性の炎症を起こしている「気道」の病気です。気道とは、平滑筋という筋肉で囲まれ、粘膜で覆われている空気の通り道です。炎症によって敏感になった気道が様々な刺激に対して反応して狭くなることによって、咳や喘鳴などの症状が発現します。この症状が発現した状態を「発作」と呼びます。

喘息における気道

喘息患者の気道は、持続する炎症により、上皮が傷つき、様々な刺激に対して敏感になっています。また、粘膜がむくみ、たんも増えるので空気の通り道が狭くなっています。発作の時は気道の筋肉が収縮してさらに息が苦しくなります。

喘息発作を引き起こす主な因子

喘息発作は、ダニやほこりなど特定の抗原への過剰な免疫反応(アレルギー反応)によって引き起こされる場合やアレルギー反応以外の因子によって引き起こされる場合があります。代表的な悪化因子は、以下のとおりです。ご自身の喘息を悪くする原因を知り、原因を除去したり、避けるように心がけることが重要です。

種類 原因
アレルギー反応を介した喘息悪化因子 ダニ、ほこり、カビ、ペットの毛、
花粉など
アレルギー反応を介さない喘息悪化因子 かぜなどの感染症、たばこの煙、
天候、運動、ストレスなど

● まずは、気になる症状をチェックして、今の状態を確認してみましょう。

● 喘息と併せて、鼻炎についてもチェックしてみましょう。

喘息コントロールチェック

監修: 広島アレルギー呼吸器クリニック
保澤 総一郎 先生
子どものぜんそくはこちら

PC版はこちら